令和3年第4回定例会概要

 

 

令和3年第4回定例会概要

総額1,680億9,900万円余の令和3年度補正予算を可決

 
11月30日(火曜日) [第4回定例会開会]
会議録署名議員の指定
会期決定
提案説明
質疑
議案4件可決
議案6件認定議決
意見案1件可決

12月3日(金曜日)

一般質問

12月6日(月曜日)

一般質問

12月7日(火曜日)

一般質問
予算特別委員会設置
12月16日(木曜日) 委員長報告                                            
議案16件可決
追加提案説明・質疑・議案1件可決

意見案4件可決
議員派遣の決定                            
[第4回定例会閉会]

 

概 要
1.令和3年度補正予算案等を審議する第4回定例会は、11月30日に招集され、会議録署名議員の指定等を行い、会期を12月16日までの17日間と決定。
  次に、総額43億2,000万円余の令和3年度補正予算案及びこれに関連する議案等20件が上程され、知事から提出議案に関する説明。
  次に、議案第10号ないし第13号について先議することに決定した後、質疑に入り、委員会付託を省略し、採決の結果、原案可決。
  次に、前会より継続審査の令和2年度各会計歳入歳出決算及び各事業会計決算について、決算特別委員長から報告の後、討論、採決の結果、認定議決。
  次に、意見案第1号「北海道太平洋沿岸の漁業被害に関する意見書」が提案され、説明及び委員会付託を省略し、異議なく原案可決。
  その後、議案等調査のため、12月1日から12月2日までの本会議を休会することに決定して散会。

2.休会明けの12月3日から一般質問に入り、12月7日に一般質問を終結。直ちに予算特別委員会を設置し、残余の議案を各委員会に付託。
  次に、各委員会付託議案等審査のため、12月8日から12月10日まで及び12月13日から12月15日までの本会議を休会することに決定して散会。

3.予算特別委員会は、12月7日に正・副委員長の互選を行い、2分科会を設置。
  12月9日から各分科会において各部所管の審査に入り、12月13日にこれを終了。12月14日に各分科委員長報告の後、総括質疑を行い、同日、付託議案に対する質疑を終結。採決の結果、いずれも異議なく原案可決と決定。

4.会期最終日の12月16日は、各付託議案に対する委員長報告の後、採決の結果、議案は委員長報告のとおり、いずれも異議なく原案可決。
  次に、総額1,637億7,900万円の令和3年度補正予算案1件が追加提案され、知事から提出議案に関する説明の後、質疑に入り、採決の結果、異議なく原案可決。
  次に、意見案第2号「私立専修学校等における専門的職業人材の育成機能の強化等を求める意見書」等4件が提案され、説明及び意見案第2号ないし第4号の委員会付託を省略し、いずれも異議なく原案可決。
  次に、議員派遣の件について決定。
  最後に、閉会中請願継続審査及び事務継続調査の件について異議なく決定の後、閉会。

5.提出案件の議決状況は次のとおりである。

 

議 案 の 種 類

採 決 の 結 果

備 考

原案可決

同意議決

認定議決

意見を付し
認定議決

否決 

報告
のみ






条例の制定・改廃 12           12

( )は前会からの継続審査案件(外数)

予算 2           2
決算の認定     (6)       (6)
工事等の契約 1         2 3
財産の交換・譲渡等              
不動産の信託              
財産の取得又は処分 2           2
負担附きの寄附又は贈与              
権利の放棄              
訴えの提起等               
損害賠償の額の決定           1 1 
人事              
その他 4          1 5

21   (6)     4 31









条例等の制定・改廃              
決議              
意見書 5           5
その他              

5           5

合  計

26   (6)     4 36  

 

 


BACKHOME

 

 

page top