スマートデバイス表示はこちら

ホーム > お問い合わせ先 > 請願・陳情の提出のご案内


最終更新日:2014年11月11日(火)

~ 請願・陳情の提出のご案内 ~

請願・陳情制度とは

  請願とは、憲法でも定められている国民の権利で、道民のみなさんのご意見、ご要望を道政に反映させるための制度です。

  道議会に請願を提出する場合は、道議会議員の紹介が必要となります。

  提出された請願は、委員会で審査し、道政に反映させることが適当であると採択した場合は、知事などの執行機関に送付し、その実現を働きかけるとともに、請願者には結果の通知をいたします。

  なお、陳情は紹介議員がなくてもできますが、議長が請願と同様の扱いとして必要と認めた以外は、関係委員会への参考回付の扱いとなります。

 

 

 請願書、陳情書の提出について

 

請願書について

  請願書は、別記様式例により、次に掲げる要件に留意の上、提出してください。

 

【要件】

  1. 請願は、文書によること。
  2. 請願書は、邦文を用いること。
  3. 請願の要旨及び理由を簡明に記載すること。
  4. 提出年月日を記載すること。
  5. 請願者の住所(法人または団体の場合には、その所在地)を記載し、署名(法人または団体の場合は、その名称の記載及び代表者の署名)または記名押印すること。
  6. 請願書の表紙に1人以上の紹介議員の署名または記名押印を受けること。

 

【様式】

  1. 表紙 ・・・ (Word形式)
  2. 内容 ・・・ (Word形式) 


 

陳情書について

  陳情書は、請願書の紹介議員を必要とする要件を除き、他は要件、様式とも「請願」の文字を「陳情」として提出することができます。

 

 

提出に当たってその他留意願いたいこと

 ◎ 請願及び陳情は、議会の開会中、閉会中を問わず、所定の要件が整っている場合は受理します。

   なお、閉会中受理したものは、次の定例会において委員会付託を行います。

      また、開会中(会期中)に受理のものは、委員会付託の関係上、当初決定した会期最終日の3日前を締切日とし、会期延長のない限り、それ以後に提出のものについては、次回の定例会に持ち越すことになります。

 

 ◎ 公序良俗に反する行為を求めるもの、個人の秘密を暴露するもの、司法権の独立を侵すおそれのあるもの、北海道議会情報公開条例に規定する非開示情報が含まれている場合については、文書表を作成する際、請願者と協議の上、要旨を調整することになりますので、あらかじめ御了承願います。

 

 ◎ 請願または陳情の内容が2以上の委員会に関係するものについては、委員会付託の際の取り扱いが繁雑となり、結論を得るのに問題となることもありますので、できるだけ、1件ごとの請願書または陳情書として提出願います。

 

 ◎ 道路、橋りょう等建設工事関係の請願、陳情は、審査上必要なので、なるべく位置図等を添付してください。

 

  ◎ 紹介議員は、その内容について委員会から説明を求められた場合、これに応じられるよう、適切に対処することとされていることから、請願者は、あらかじめ、内容を説明し願意について賛意を得た上で紹介を受けてください。

 

 請願書、陳情書の受付

 

受付窓口

    北海道議会事務局議事課(議会庁舎1階)

   札幌市中央区北2条西6丁目

    TEL(011)231-4111(代表)

    TEL(011)204-5686(直通)

 

 

受付時間

  北海道の休日(土曜・日曜・祝祭日及び年末年始の休暇)を除く、午前8時45分から 午後5時30分まで

 

 

郵送による受付

  請願・陳情は上記窓口で受け付けていますが、持参が困難な場合には郵送でも受け付けています。ただし、この場合は、事前に受付窓口に問い合わせるなどして、記載事項に不備がないようにしてください。

 

 

 請願、陳情の審査の流れ

 

請願書(陳情書)提出

HOME