スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 議長からの挨拶 > 議長のコメント(飲酒運転根絶条例成立)


最終更新日:2015年11月30日(月)


議長のコメント(飲酒運転根絶条例成立)


遠藤 連 北海道議会議長の
飲酒運転根絶条例成立についてのコメント


正副議長の写真

 道議会においては、先の第2回定例会で「飲酒運転根絶を宣言する決議」を採択したところであり、この度、道議会全会派が揃ってこの条例を提案し、全会一致で可決、成立したことは、道議会の飲酒運転の根絶に対する強い決意を改めて示すものであります。

 また、これから年末年始を控え、飲酒の機会も増えることから、本定例会冒頭において議決したことも本条例に対する議会の意志の現れであり、本条例が全会派参加のプロジェクトチームによって検討の上、共同提案の形で可決・成立したことは、道議会議員の政策形成能力向上の面においても大変意義のあったことであると捉えています。

  本条例では、知事は毎年、飲酒運転の状況及び飲酒運転の根絶に関して講じた施策の概況を議会に報告することとしており、条例制定後においても、議会のチェック機能、政策提言機能を最大限活用し、飲酒運転の根絶に向け全道を挙げた取組を推進していくつもりであります。

  さらに、本条例の成立を受けて、我々道議会議員としても自らの立場を再認識し、飲酒運転の根絶に向けた取組を率先するよう各議員に呼びかけるとともに、事務局職員に対しても徹底してまいる所存であります。

 なお、道議会での議員提案による政策条例は、平成21年6月に成立した「北海道歯・口腔の健康づくり8020推進条例」以来6年振りであり、今後とも、このような議員提案による条例制定が後に続き、道議会が活性化されるよう努めてまいる所存でもあります。
                                                                                             以上

               北海道議会議長 遠 藤  連   

正副議長の写真

                                               (撮影:平成27年11月26日) 

      北海道飲酒運転の根絶に関する条例概要はこちら

      北海道飲酒運転の根絶に関する条例はこちら


HOME